黒騎士ゴーラ

ただいま!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
ロマサガ・ミンスト日記 9曲目


メルビルの宿屋に泊まって、早11日
キャプテンホークはようやくメルビルを後にして、南エスタミルへと旅立つことにしました。

何故南エスタミルかというと、今の時点ではおそらくガラハドに返り討ちに遭うだろうと思われたからです。


南エスタミルの小汚いPUBに立ち寄った所、PUBのママからやばい仕事をやってみないかと言われたので、お金とジュエルの大好きなキャプテンホークはあっさりその話に乗りました。

いつもの客についていった所、そこは盗賊ギルドでした。
キャプテンホークは思いました。

こいつ、ウハンジの手下じゃなかったの?

盗賊ギルドの長は、正体は分かりませんが、若い女の声をしていました。
ギルドの長はアサシンギルドという、いかにもサルーインと関わりの深そうな名前を持ち出してきました。
あまり気乗りのしないキャプテンホークでしたが、金とジュエルの為、仕方なく引き受けることにしました。

長の頼みを聞いたキャプテンホークは、とりあえず、部屋の中にあった宝箱を片っ端から開けていきました。
中には

耐熱手袋
技術強化の劇薬
狂戦士の薬
3000金
劇毒超回復


が入っていました。

キャプテンホークは薬をとっとと売っぱらうと、今度はヨービルへと向かいました。


ヨービルに着いたキャプテンホークは、魔の島にいったことがあるらしいジジィを探しました。
ジジィは死にかけでしたが、まだまだ未練がましいらしく

魔の島へ連れて行ってくれ!

と懇願してきたので、キャプテンホークはジジィと共に魔の島へ行きました。


魔の島にはモンスターがいない分、くそめんどくさいアトラクションがありましたが、もう4回もしたキャプテンホークはあっさりと突破し、最上階へと辿り着きました。

※キャプテンホークのワンポイントアドバイス
ウザイ階段は、十字キーを使うと簡単に登れるぞ!


最上階には、ウェイ=クビンという名の男がいました。
ウェイ=クビンは不老不死の研究の為、魔の島でひっそりと暮らしていたようですが、キャプテンホークは彼の研究はすでに完成してるのではと、昔の攻略本を見て思いました。

ウェイ=クビンの話は異様に長かったので、同じ内容を4回は聞いているキャプテンホークは戦闘が始まるまで世界陸上を見ていました。



さぁ、かかってきやがれ!!





2回も全滅しました



今はまだその時ではない。」

無駄にかっこつけたキャプテンホークは、魔の島から一時退散することにしました。


つづく





いや、別に世界陸上のファンではないです。
ただ、たまたまやってたから見てました。(最低)



スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。