黒騎士ゴーラ

ただいま!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
ロマサガ・ミンスト日記 8曲目


クリスタルシティを出て、かなりの日数が経っていました
キャプテンホーク一行は、再び妖精の森に迷い込んでいました。
森の奥には妖精王の玉座がありましたが、結界が張っているので近付く事すら出来ません。
なんとかしてあの玉座に座りたいキャプテンホークは、情報収集のために、近くの妖精たちに話を聞きまわりました。

妖精E:「5つの台座に5つの精。
    これが結界を解くカギだよ。」

そんな事はキャプテンホークも知っていましたが、それを聞かないと話が続かないのです
兎にも角にも、キャプテンホーク一行は5つの精を求め、とりあえず1番盗りやすい迷いの森へ行くことにしました。


迷いの森は、何故か夜でした

邪魔なモンスター共を華麗に避けつつ、キャプテンホークは1つ目の精・木の精霊珠を手に入れました。
キャプテンホークは思わず、高笑いをしましたが、側にいる仲間たちに冷たい視線を送られて、ちょっぴり切なくなりました

迷いの森では、沢山の薬草を手に入れることが出来たので、調子に乗ったキャプテンホークは、またニューロードへ行き、薬草を入手しようと目論みましたが、サーチレベルが低い(レベル3)ので、手に入れたのはたった123金ぽっちでした。

仕方なく、迷いの森で入手した薬草を、タルミッタで劇毒超回復・万能劇薬・高級傷薬に変えると、即売り飛ばし玉座に座るためにマラル湖へ向かいました。


マラル湖にいた兵士たちをぶっ飛ばしてしょぼいボートに乗りながら、キャプテンホークは無駄に豪華な神殿へとやってきました。

神殿ではすでに本物のトゥマン様が水竜と取引を行っていました。
キャプテンホーク一行が側仕えのトゥマンガード達を秒殺すると、指輪の力を手に入れたトゥマン様が自ら襲い掛かってきました。

指輪の力を手に入れたくせに、ウォーターガンの威力が滅法低いトゥマン様
平均HPが250以下のキャプテンホークグループにあっさりと殺られました。

トゥマン様を葬った後、キャプテンホークは水竜に娘を返してもらおうと思いましたが、水竜の指輪では嫌だと言われました。


トゥマン様は水竜に一杯食わされたようです。

ワガママな水竜は、アディリスに借りパクされたあまぐもの腕輪を返してもらって来いと言って来ました。

こいつと戦っても勝てそうに無いな・・・

そう判断したキャプテンホークは仕方なく、あまり行きたくないグレートピットに行くため、ベイル高原へと足を運ぶことにしましたが、その前にタルミッタで使えない水竜の指輪を売り飛ばして、クジャラート弓の資金の一部にしました


使えない 指輪を即行 売り飛ばし

ヒョロ男のジャミル 戦力になる

~キャプテンホーク・漢の短歌~


思い掛けない指輪の効果で、キャプテンホーク一行は気持ちよくグレートピットで土の妖精珠を手に入れ、最下層のアディリスに会いました。

アディリスは、あまぐもの腕輪と引き換えに、タイニィフェザーから疾風の靴を借りて来いと言いました。


これからこいつのあだ名は

「借りパクのアディリス」だ!!


借りパクのアディリスはメチャクチャ強いので、キャプテンホークはとっととスカーブ山へ行きました。


スカーブ山では未だに
火神防御輪はまだか?
とぬかすタイニィフェザーがいました。


お前のあだ名は

「雑魚四天王タイニィフェザー」だ!!


タイニィフェザーがいい加減ウザイので、キャプテンホークは戦いを挑みましたが、ジュエル欲しさにわざと手を抜いて、適当に技を覚えて、あっさり全滅しました。


上手く全滅できたキャプテンホーク一行は、トマエ火山に行くため、ジェルトンを訪れましたが、モンスターがウヨウヨいて困りました。

近くのPUBから情報を聞くと、どうやら例のトマエ火山からモンスターが襲ってきて大変だということです。
その割に、側にいる吟遊詩人は
「仲間からはずしたい人がいるんじゃないですか?
 言いにくければ、わたしから言ってあげますよ。」
と、近所のおばちゃん並に余計なお節介を焼いて来ます

ジェルトンがどうなろうと知ったことでは無いが、フレイムタイラントに会うため、キャプテンホ-ク一行はトマエ火山に行き、あっさり火の精霊珠を手に入れ、フレイムタイラントに会いました。


「炎の紳士・フレイムタイラント」


そんなあだ名が似合う程、彼は紳士的でした。
紳士は手始めに、ジェルトンのモンスターを引き上げてくれました。
紳士の願いはこうでした。
「見ての通り、我がモードは火。
 アイスソードのような武器が存在するのは思わしくない。」
人を勝手に勇者にするのは困りましたが、紳士のために、キャプテンホークは快諾しました。


トマエ火山を出た後、キャプテンホークは恐竜の卵を盗んで売り飛ばし、今後の方針をじっくり考えました。


あー、水竜は

「たらしの水竜」だな


そんなことを考えつつ、キャプテンホーク一行は、とりあえずメルビルに行くことにしました。


つづく





実は、妖精の森イベントはまだやってないんです。
さて、ガラハドどうしようか・・・。
ホントは殺したい


スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。