黒騎士ゴーラ

ただいま!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
思い出は遠い彼方に


先週のことですが。
わたくしめ、つ、ついに初体験をしてしまったのです・・・・・・!!!












































先輩:「アレース(仮名)はパーマかけへんの?」

アレース:「う~ん、考えたこと無いですね。」

先輩:「パーマいいよ~。すぐにイメチェンできるし☆」

アレース:「先輩が言うならやります!!」



まぁ皆さん予想通りの

出オチですが、なにか?




ようするに、髪の毛を伸び放題にさせていたのを断ち切るため床屋に行くついでに人生初のパーマをあててもらった次第です。
ちなみにこんな下等な下ネタを思いついたのは、甲子園のせいです。
嘘です。甲子園さん、不幸のメールを送ってこないでください。

しかし人生初のパーマは数時間後には消滅
家族と先輩には、
「絶対美容院いけ!!」
と口を揃えて言われたので、土曜の仕事帰りにアフターに行ってまいりました。


受付のおっさん:「アレースさん(仮名)何度も来てもらってすみませんねぇ~。
マリちゃん(仮名/てか名前忘れた)、よろしくぅ!!」

受付のおねぇさん(べっぴん):「上着お預かりしますね~。」

と、何かキャバクラっぽいノリの受付を経て、再度パーマをかけてもらうことに。
しかし、美容師のおねぇちゃんに髪を洗ってもらったら、何故だか知らんが落ちたハズのパーマが復活しました

おねぇちゃん:「あれ~?パーマ残ってるねー。」(明らかに困り顔)

アレース:「あー、ホントですね~。」(今すぐ死にたい気分)


その後、アレースがスタイリング時に髪の毛を濡らしていないため、髪の毛がくしゅくしゅにならないのでは、という結論に達したが、アレースがパーマあてた翌日に髪洗った後はくしゅくしゅしてなかったのだが、それは何故なのだろうか・・・・・・



神様!!

私が何をしたっていうんだ・・・・・・!




・・・・・・と、いつもより長いOPとなりましたが(特に最初の部分は完全なる蛇足)、ネタ的にはめちゃくちゃおいしい!!と思っているのでまずは満足。

こんばんは、マゾのアレースです。


24日は給料日でしたので、久々に甘ーいケーキ的なものを食べたい!!
ということで、ケーキを買ってきました。




モンブラン
↑↑数ある中で1番好きなケーキがモンブラン




阪神百貨店にて購入してまいりました。
中々にウマー。

ところでアレースの家は家族の仕事柄、たくさんの人にお土産をもらえるありがたーい!家庭なのですが、その中でも特に好きなものの一つがコレ。

・穴吹公園だんご

子どもの頃からいつもお世話になってる方が鳥取県出身とのことで、よくいただいておりました。
が、その人はアレースが大学の時に色々あって廃人同然のまま、田舎に帰ってしまいました
ちなみにその人がいなくなった後、両親とその身辺でさだまさしの『案山子』がブームになってましたが、あまりにハマリ過ぎてて悲しすぎです。

が、金曜日。
何とか田舎のお兄さんに迷惑を掛けつつも、復活しつつあった鳥取人が、数年ぶりにアレース家にやってまいりました。
そのときのお土産が、こちら。




打吹公園団子①
↑↑鳥取名物打吹公園だんご




田舎に帰った後、もう二度と食べることは無いだろうと思ってましたが、まさかまたいただくことになるとは・・・・・・
顔見たとき、アレースちょっと泣きそうになりました。




打吹公園団子②
↑↑3色どれも同じ味 




やっぱり美味しい(^-^)
今ならネットで4000円以上買うと配送料が無料らしいんで、甘いものやこしあんが大好きな人は是非取り寄せてみてください。

あー、しかし。
会えない人に会えるってのは、本当に感動しますね。



大阪に帰ってきた直後、

即雀荘行きってのはどうかと思ったけどね!!




まー、その人いなくなった後に近所の雀荘1件つぶれちゃったから、世の中にはアホな人間も必要なんだなー・・・、と思う今日この頃です。

て、いいんか。
こんな終わり方で。



スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。