黒騎士ゴーラ

ただいま!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
金、金、金、騎士として恥ずかしくないのかっ!


アレース、お金大好きだけど騎士じゃないからちっとも恥ずかしくありませんけど。

ココ最近浜田省吾の『MONEY』が聞きたかったのですが、ようやく聞くことができました。


純白のメルセデース~~♪

プール付きのマンショ~~ン~~♪

最高の女と~~♪

ベッドでドン・ペリニョオ~ン♪





























さよなら絶望先生5巻P74より






さよなら絶望先生 第5集 (5) さよなら絶望先生 第5集 (5)
久米田 康冶 (2006/09/15)
講談社

この商品の詳細を見る





単に漫画ネタなんですけどね!



※『さよなら絶望先生』
おおまかにいうと、社会に対して言いたいけど言えないことをネタにする、自虐的ギャグマンガ。
自殺願望の強い、激ネガティブ主人公の名前が糸色望(いとしきのぞむ)なので、絶望先生。

ちなみにこの回のテーマが『身の丈にあった生活』なので、身の丈にあった生活をすべく四苦八苦した結果、身の丈に合った生活の恐ろしさに疲れた主人公が贅沢な自殺を試みた結果、ハマショーに辿り着く、てな感じのオチでした。

なのでどれだけ豪華な曲なんだろうかと、楽しみにしておりました。


聞いた感想:



おいっ、どう考えても『MONEY』は

贅沢な歌で無いぞ!!




貧乏で不幸な生い立ちの主人公が「いつかこの手でBig Money」をつかもうと、必死で金の亡者になりさがろうとする夢を描いた曲じゃね?とアレース、初めて聴いたときに思いましたが。
冒頭の『ドン・ペリニョオン』から『欲しいものはすべてブラウン管の中』って続きましたからね!
アレース、ハマショーを初めてまともにききましたが、彼のセンスに座布団10枚は出せそうです


てか初めて聴いたとき、

本当にこの曲なんだろうか・・・・・・

という不安がよぎりましたが。


ところで、この回にはおまけがありましたがそれがこちら。



さよなら絶望先生5巻P75より①

さよなら絶望先生5巻P75より②

さよなら絶望先生5巻P75より③

さよなら絶望先生5巻P75より④

さよなら絶望先生5巻P75より⑤




「たしかにやや現実的ではありますが
 ハマショーではないだろう」

という主人公の締めで終わるのですが、ハマショー的にはありえませんが、『Money』的にはこれでもかなり豪華な部類に入るのではないかと。


というか。
・・・・・・どうしてこんなアホーなことしてるのかといいますと。


「(リクエストした)理由はブログで書きます!!」


さる高尚な御仁との約束なので。
本当にありがとうございます(^-^)
後、苦情が来ませんように





■画像出展先

まさか初給料で買った複合機のスキャナがこんなところで役に立つとは・・・・・・


さよなら絶望先生 第5集 (5) さよなら絶望先生 第5集 (5)
久米田 康冶 (2006/09/15)
講談社

この商品の詳細を見る


P74・P75
よ、予防線とかじゃないんだからねっ!



スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。