黒騎士ゴーラ

ただいま!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
戦国無双2 第18討



前回の更新から約1ヶ月。
未だに全員クリアすらできてませんが、とりあえず更新。

まずは満足、鬼島津。

・・・・・・何となく言いたかっただけです。
完全ネタバレ
なので、まだ楽しんでないよ~という方はご注意下さい。 (コピペ)





島津義弘は、関ヶ原時代の武将の中でもすごく好きな武将の1人です。
(ちなみに1番は加藤清正)
島津殿の生き様からは勇気と無謀は全く違うものだということを教えていただきました。


*島津義弘の章

1.九州征伐
2.小田原城攻略戦(東)
3.杭瀬川の戦い
4.関ヶ原突破戦
5.江戸城攻略戦
外伝.関ヶ原の戦い


外伝を見て一言。



何故関ヶ原戦が2つあるのか?



本当にこれが分からない。


*OP

無双のムービーはしょぼいので、ギン千代タソと同じでつた。


*本編

さて、いやに老けた島津家の次男坊・義弘であるが、鬼島津と自称するだけあって、足の遅さを除けば中々の猛将ぶりを発揮。

義弘:「戦せずして何の武士」



漢らしすぎ!!



そんな漢の武将・義弘。
「戦のにおいが染み付いた、悪い子だね」と、おしおきに参ったおねね様もあっさり退却させ、圧倒的武力にて秀吉軍を壊滅させていきます。

甥っ子の豊久がピンチになれば駆けつけ、

「お前は次代を担う島津の男、豊久死ぬなよ」

と、労いの言葉をかけていましたが、アレースの記憶が確かなら島津義弘さんは来るべき関ヶ原の戦いにて、徳川軍に無謀な戦を仕掛けた結果、次代を担うべく筈の豊久さんは伯父上を助ける為に戦場に散っていった筈なんですけどね。


いや、司馬遼太郎みたいな余談話でしたね。
ともかく、秀吉軍を完膚なきまでに叩きのめした島津義弘。

「島津家存続の為、秀吉に降る」

と、野心家らしい考えを持ってして、有利に秀吉軍に帰化しました。


で、小田原城戦では、

「豊久よ、秀吉の軍略しかと見ておくのだぞ
次代の島津を担うのはお前だからな」


と、労いの言葉をかけていましたが、アレースの記憶が(ry


そして秀吉は国際的問題の都合上あっさり他界。
世間では徳川が次の天下を取るのか、それとも豊臣家が何とか持ち直すのか、という話題で持ちきりでしたが、そこは漢・義弘。


野望>家康の利>>(興味なし)>豊臣家の天下>>>義



政宗とは近しい考え方ですが、

政宗→徳川に抗うのはちとムズイなぁ。それに義うざいし。
義弘→石田は器が小さいから乱世を起し易い!!


と、異なる考え方を取って石田に加担。
考え方はアル意味徳川以上に非情です。


こうして迎えた前哨戦、杭瀬川の戦い。
感動的なムービーで幕開けますが、漢・義弘のお陰で豊久は完全なる勝ち組モブ将であるといえます。

「三成は夢想家よ、地に足がついておらぬ」

そこまで分かりきっていて、なおかつ難しい道を選ぶ義弘は実はマゾなんじゃねぇのと思わせてきます。


前哨戦は完全なる勝ち試合で終わったのにも関わらず、家康の悪知恵三成のカリスマ性の無さの融合により裏切りが続出。
総崩れとなる西軍ですが、漢・義弘。

勝ち戦は愉しい
負け戦はもっと愉しい
負け戦を勝ち戦にするのは最高に愉しい


と、一歩間違えればマゾになり兼ねない思想の元、終焉を迎えかけた関ヶ原を激震させます。


関ヶ原で痛手を被り、天下の道から遠く離された徳川軍を追い詰める豊臣軍であったが、この大事な局面にて指揮官石田は己が器の小ささを露呈
相変わらず裏切りまくる兵ども如きにムキになったことによって、孤立させられた島津軍の怒りを買い、豊臣家と共にあの世に葬られてしまいました。


教訓

人を大事にしないと勝てるものも勝てない

by左近



豊臣家をあっさり滅ぼした漢・義弘は、その勢いのままに家康を攻め込みますが、死ぬ間際に義弘と心中を図ろうと、自分の城に放火する家康。
さらに島左近に身をもって体験させた、アル意味義の力を上回る三河武士の忠誠心によって、ゾンビ化した本多親子。
野望の力だけは負けぬと立ち上がる政宗など、野心を成就させるためには一層の努力が必要だと言わんばかりに敵が多い章でした。

最後の戦いはもちろんギン千代嬢。
漢・義弘には戦国の終幕にふさわしい相手だったでしょう。
オチはないよ


*ED

ギン千代の死・・・・・・
戦国の終幕・・・・・・

天下は泰平しましたが、漢・義弘はまずは満足できません。
このEDに関しては、妹が上手い具合に締めてくれたので、ここに掲載させてもらいます。

妹:「この人、この後暇なんやろうなー。」


*外伝

漢・義弘の本編はすごく面白かったのです。
島津義弘らしさがよく表現されていたと言っていいでしょう。
まずは満足。



だが、

外伝の手抜き加減は他の追随を許さない!




とりあえず、全く絡みの無かった真田と絡ませたかっただけのこの外伝。
ならせめて、

真田→関ヶ原行ってないから関ヶ原ね。
義弘→関ヶ原行ってるから別のトコで真田と絡ませよう。


ぐれぇ考えろよ、コノヤロー!!1

(by魔邪)



スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。