黒騎士ゴーラ

ただいま!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
戦国無双2 第17討


何時の間にか4月になってました。
やばい、更新出来んの!?

とりあえずメモは残っていますが、節々の記憶が薄くなりつつあるのがやばいです。
早く更新しないと・・・・・・

今回は信玄公+宿敵の外伝でっす!
完全ネタバレなので、まだ楽しんでないよ~という方はご注意下さい。 (コピペ)





ネット世界にて、「武田信玄は弱い!」と評判高かったので、あまり使いたくなかったんですが、妹のせいでプレイすることに・・・・・・
でも、使いやすかったんで、何とかなりますた。


*武田信玄の章

1.川中島の戦い
2.海賊討伐戦
3.三方ヶ原の戦い
4.長篠の戦
5.関ヶ原決戦
外伝.九州征伐
上杉外伝.九州征伐

信玄公、使いやすいんだけどやっぱり弱かった・・・・・・
しかしジャイアントスイング(L1+□)、これは楽しいし強かったので、ずっとこればっかやってました(^-^)


*OP

上杉軍と同じ。
違う軍なら別々の奴作って欲しいなー。


*本編

始まりはいつもの如く川中島。

信玄:「さて、いい加減、謙信と決着をつけるかの」

どうやら、よっぽどあの男にうんざりしているようです。

アレース的にはうんちく解説が魅力的な敵武将・直江のがよっぽどうんざりするんですけどね!
特にこの章での直江は軍神マンセーっぷりが激しくて、どうしようかと・・・・・・

よく覚えてませんが、
啄木鳥戦法、オソロシス(((゚д゚;)))
まぁ見破った謙信公はもっとすごいお(^ω^)

・・・てな事を抜かしておりました。

また、

直江:「謙信公のお顔が生き生きとしておられる」

直江:「謙信公は敵が強いほど悦びを感じられるからな」



直江、今すぐ戻って来い!

今ならまだ間に合うかもしれない・・・・・・!




しかしそんな謙信公が追い詰められると、謙信公の義も信玄公の軍略には及ばないのか・・・としょげておりましたが、敵が強いほど嬉しがる人間に「義」があると思ってる直江が少し心配です。


こうして戦国無双ワールドでも突出して異常な空気を放つ軍団に、どうにか勝利した信玄公ですが、よっぽど疲れたらしくお忍びで舟遊びに出かけていきました。
するといきなりの海賊の襲撃。
英雄は休む暇もないんか、と嘆いておられましたが、

信玄:「身分隠した偉い人が天に代わって悪を討つ!」

結構嬉しそうでした。


長篠の戦い前には死んだフリを演じる信玄公。
プレイヤーにはもろ分かりですが、

家康:「た、武田信玄、生きていたのか」

狸親父は騙せた様です。
何故か雨も降って、鉄砲は無力・・・

幸村:「さすがです、お館様」

さすがなのはお館様ではなく、雨の効力です。


家康もろとも信長をぬっ殺した信玄、天下に王道を布くも再び謙信と対峙です。
上杉経・幹部信者との対峙、

直江:「あなたを越えなければ謙信公に近づけぬのだ」

信玄:「あれには近づかぬほうがいいと思うよ」

どうせなら、川中島の時に言ってやれよ・・・・・・
どう見ても、その男は手遅れです。

信者を即効で倒すものの、織田・家康残党が上杉軍に加勢。
何故か浅井・朝倉軍までもが加勢しますが、朝倉義景は間違えて崖方面に来てしまい、あっさり信玄に撃破されました

長政:「何という愚!」

山田君、長政に座布団一枚!


*ED

上杉とも和解して、皆で談話しながら酒を酌み交わしておりました。
和む風景なのはいいのですが、関ヶ原に来ていない幸村はどうみても不義m(ry

そして何時の間にか将軍職についた信玄公。



王道=将軍


基本的な考え方が家康と一緒なのに対して、幸村はどう思ってるんだろ?としばし本気で考えていたアレースであった。


*外伝

上杉と共に織田の残党を従えた島津を討ち、天下統一を果たそうとする武田軍。

上杉:「戦場の空気・・・心地よい」

お前、そんなに信玄が好きか?

立ちはだかる武将を何人倒したかを競う信玄と謙信。
相変わらず直江が、いちいちうんちくばった解説を入れてくるのがうざいですが、それも詮無きこと。
頑張って謙信より、武将を沢山倒すぞー!!













ラスト、

どうやっても謙信が死ぬんだけど。




何ですか、この外伝。
「易しい」レベルのクセに、敵がありえない位強いんですけど!

最後、島津兄弟を倒す時についでに出て来る明智と蘭丸、何なんですか!!


・・・・・・と、ひらすら文句しか出てこないこの外伝。
しかし、上杉外伝を出すため、7度くらいやり直す・・・・・・
最後は島津兄弟だけに焦点を当て、何とかクリア。



もう2度と、この外伝しない。



*上杉外伝

さすがは軍神。
信玄であれだけ躊躇してたのを、1度でクリア!


「闘争はこれから、そうだろう宿敵よ?」

「我と宿敵が組めば、ざっとこんなものよ。」



そこ、イチイチ宿敵言わない!

しかし、この外伝で1番アレだったのはやはり直江。
最近では謙信を「神」として崇め始める傾向まで見られますが、その姿は魅上(デスノート)を彷彿させられて困るんですけど。

そしてついに妹にすらうざがられる存在に・・・・・・
生きろ!!


スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。