黒騎士ゴーラ

ただいま!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
戦国無双2 第16討


妹が新しくセーブデータを作成したので、残っていた前田慶次と武田信玄をプレイすることに。

まずは妹が途中までプレイしていた前田からスタート!
完全ネタバレなので、まだ楽しんでないよ~という方はご注意下さい。 (コピペ)





妹が前田慶次の章をプレイしていた時、丁度小田原城で敵武将を討ち取った瞬間のことでした。

兼続:「ふっ、この暴れん坊め」



妹は兼続に敵意を抱いた!



*前田慶次の章

1.小田原城攻略戦(西側)
2.三成救出戦
3.海賊討伐戦
4.長谷堂の戦い
5.江戸城攻略戦
外伝.天正御前仕合

慶次にも「海賊討伐戦」があるとは・・・・・・
以外とエピソードが少ないのかなぁー、と不思議に思いました。


*OP

小田原城、政宗推陣する場面のムービーの使い回し。


*本編

アレースがプレイしたのは長谷堂の戦い以降なので、序盤はあまり覚えてないんですが、海賊討伐戦で直江のことを思い出しながら戦っている慶次(あいつだったらここで「義」とかいってるんだろうなー・・・みたいな台詞を言ってた)にドン引きしてたことだけは覚えてる。


で、幕間によるとこの海賊討伐戦の件で直江と無二の親友になったそうな・・・・・・
ふーん。

長谷堂の戦いでは

「義、義とうるさい兼続の馬鹿め」(by政宗)

を助けることになりましたが、どっちかというと兼続をここで始末しておいた方が世のためだと思ったアレースですが、慶次さんは兼続にベタ惚れなんで、政宗のお誘いを断り兼続のために戦います。


慶次、やっぱりお前もかorz


長谷堂の戦いで何とか逃げ延びた兼続。
いよいよテロ活動の開始です!
以下、テロリスト・主犯者様のありがたいお言葉シリーズ。

「すべてこの兼続の計算通りだ・・・!」

「義無き家康を倒し、義の天下を築くのだ!」


不謹慎ながらも、アル○イダを思い出さずにはいられないんだ。

兼続の主は主で、

「兼続のためにも・・・敗れるわけには」

何か間違ってないか?


そして敵の忍び、

「影に義も理も無し・・・ただ主のみが義」

徐々に「義」が浸透しつつあるこの世の中、先は短い・・・・・・


あれ?
この章が何時の間にか兼続に乗っ取られてるよ!!


*ED

直江と共に義の世泰平の世を築く為、爽やかに戦場を後にしてました。
ふっ、このおホモ達め


てか、今回の慶次は前回ほど傾いてる感じがしなくて残念でした。
あ、他がおかしいからか!

どうせだったら海賊討伐戦無くして、軍神に憧れててもよかったかも。
変わりに直江がいる


*外伝

これぞ慶次!!
てな感じが出ていたので、外伝は結構好きです(^-^)

忠勝編とは違って、秀吉と家康が武将自慢してるのが面白かったです。
秀吉に至っては、配下でも何でもないくせに

もっと面白かったのは
「どいつもこいつも慶次、慶次、本多!!」
な感じで乱入してきたアミバ武蔵ですけど。


そして天正仕合なのに、

ハットリ君:「主の敵、滅する好機」

殺意むき出しに襲い掛かってくる半蔵。
その主LOVEっぷりは、アル意味「義」兄弟よりヤバイと最近思い始めてます。


しかし忠勝サイドは伊達・島津など選りすぐりの武将が味方な上、

家康:「わしに勝てば、忠勝と戦わせてやろうぞ」

と主君自らが出張ってくるなど、皆さん、何でそんなに忠勝びいきなの?


一方の慶次の味方・・・役立たずの幸村と直江。
ピンチになった兼続を助けたら、

兼続:「慶次、来てくれると信じてた!」



アレースは兼続に敵意を抱いた!



スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。