黒騎士ゴーラ

ただいま!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
戦国無双2 第15討


4月は何も出来なさそうなので、今のうちに更新更新っと!

雑賀二号島左近です。
完全ネタバレなので、まだ楽しんでないよ~という方はご注意下さい。 (コピペ)





秀吉をするか、左近をするか・・・・・・
悩んでいたところ、丁度さぬきとメールをしていたので聞いてみました。

アレース:『どっちがいいかなぁ?』

さぬき:『お楽しみは最後まで取っておくものさ!』

なるほど!
島左近にしよ。


*島左近の章

1.山崎の戦い
2.九州征伐
3.小田原城攻略戦(西側)
4.杭瀬川の戦い
5.関ヶ原の戦い
外伝.三方ヶ原の戦い

あまりやる気が無かった左近の章でしたが、西軍にしてはかなり良い漢だなー、と感心しました。
顔は好みじゃないけど

しかも使い易いので、すぐに終わらせられました(^-^)
だが、

島左近:「俺の軍略、今日も冴えてるぜ」



これはどうにかならないのか?



*OP

信長死亡後、明智に付くかどうかで悩む主・筒井に対し、次の天下人は秀吉と進言する島左近。
そして義によって、秀吉に味方しに山崎に行くのであった・・・。


もう義はいいよorz


*本編

義によって、山崎の戦いにて秀吉軍に加勢する島左近。
三成に会って早々、良い武将だけど仕えたいほど出ないなぁー、と当たっちゃいるけど失言を咬ましておりました。

そんな島左近、わずか2ステージ目で主の不義に怒り浪人に・・・
気ままな生活を送る日々ですが、不義者から中々金を捲くし立てていた所が垣間見られます。
で、島左近を家臣に加えたいとする三成登場。
名乗りもしないのに、自分の名を当てる島左近に驚く三成ですが、アレースは三成が山崎の戦の件を忘れてるんじゃないかと、ちょっと不思議に思いました。


三成の「同士」の言葉に、勢いで仕官した島左近。
やっぱどっかおかしい人でした
しかし、勢いで仕官したとはいえ三成は大事な主、島左近は賢明に殿のために戦います。
関ヶ原の戦い前のムービーでは主に、家康は利に群がる蝿のボスだが、自分の仲間は友!!どうにかして勝たせてくれよ~、と泣きつかれてました。


三成、もうちょっと大きい志持とうや・・・・・・


そんなヘタレ主とは違い、島左近は漢でした。

家康:「三成には過ぎたるもの」

島左近:「人を物としか見てない考え方だな」


しまった!!

左近の章は家康の章より先にやるべきだったorz



島左近は格好良いんですが、家康の章やると「今更言われても・・・」と言う感じにしか聞こえないんですよ・・・・・・

多分、先に左近やってたらメタメタ格好良かったんだろうな、左近・・・・・・
ガッデム!!


*ED

関ヶ原にて、東軍を倒した三成と左近+α。
三成曰く、左近は部下ではなく同士らしい・・・・・・


三成、お前そんなに友達欲しいの?


戦国無双2では、比較的短いこのED。
1番驚いたのは、このムービーのタイトル『左近に過ぎたるもの』



(「関ヶ原の戦い」の時と)

どっか矛盾してるよっ!!




*外伝

島左近:「また影武者・・・三河武士の忠、狂気じみているぜ」



この一言が総てを語る。



とりあえず、異常に敵が多くてしんどかった・・・・・・
特に徳川の援軍に現われる、羽柴・明智・柴田(とその他)の織田三人衆。
どうせなら、徳川軍編でも来いよ。


でもこの外伝、1番おいしいトコ持ってたのは敵総大将の徳川だと思うんだ・・・・・・

徳川:「家臣の犠牲を無駄にするものか どんなに無様でも生き延びてみせる」

まともだと「お前が1番格好良いよ!」と思う反面、ネタ的にはイマイチなのが悲しいところかも知れません。


スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。