黒騎士ゴーラ

ただいま!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
戦国無双2 第14討


今回で14回目の更新です>戦国無双2
でも後10回はあるのか・・・・・・

信長の次、ということで濃姫+お市外伝をまとめて更新です。
完全ネタバレなので、まだ楽しんでないよ~という方はご注意下さい。 (コピペ)





濃姫はアレースの友人の中で、最も人気の高い女性キャラクターです。
何だか生き様が格好いいらしい・・・

アレースもプレイしてみて、そう思いました。


*濃姫の章

1.長篠の戦
2.村落救出戦
3.手取川の戦い
4.武田殲滅戦
5.本能寺の変
外伝.賤ヶ岳の変
お市外伝.賤ヶ岳の変

基本は信長と同じなので、あまり書くことは無いんだよなー。
もうちょっと、何か凝ってください>コー○ー

濃姫の章の面白さは、外伝!
これに尽きる。


*OP

信長と同じなのでパス。


*本編

影のように、常に信長の傍らにある(幕間より)だけあってか、本編の内容が信長と結構被ってました。


おいぃぃぃ!

やる気が無さ杉だろうがよぉぉぉ!!



しかし、今回の濃姫はもろ女王気質丸出しです。

濃姫:「敵将、私の前にひれ伏したわ。」

怖いカッコよすぎです!


信長と違う点といえば、村落救出戦があるところ。
六角氏を中心とした山賊が暴れだしていましたが、

濃姫:「あの人を苦しめるものは許さない」

あれ?
濃姫って、こんなに信長の事好きだっけ・・・
というか、信長が好き過ぎて命狙ってるような女だったのに・・・
人は変わるものなのか。

そしていきなり現われる孫市。
お前、今大阪湾で信長と殺り合ってるんじゃ

孫市:「おっ、いい女発見」

と抜かしながらやってきたので、撃破しておきました。


今回濃姫をプレイしていて、1番嬉しかったのはこの一言!

(武田殲滅戦にて、真田軍の応援に来た兼続に対して)

濃姫:あなた、義ばかりね・・・いい加減、聞き飽きたわ」

おそらくプレイヤーの大半が思っていたことを、代弁して下さった濃姫。



姐さん、

あたい、どこまでも付いてくよ!!




*ED

燃え上がる本能寺を二人見つめる、信長と濃姫。

信長:「お濃、ついてくるか」

濃姫:「地獄までも」



あのー・・・・・・

ちょっと短すぎやしませんかねぇ・・・




今回のお濃は、普通に愛に生きる女性になってました。
やっぱり前回のが、毒々しいからいいなー。


*外伝

濃姫は、お市の遠慮する性格があまり好きではないようだ。
丁度、戦国一の美女を決めるということで、お市に戦いを申し込むことにした濃姫であった・・・



それ何て昼メロ?



それはともかく。
戦国一の美女になるため、全的を撃破していく濃姫。
道に迷って修羅場に出た阿国は、可愛い子の味方・・・らしいのでお市側についてました。
濃姫、ヤバス!!

濃姫:「邪魔よ、いじめられたくなければ帰りなさい。」

余裕で大丈夫でした。

そんな中、けんかを止めに来たねね。
しかし、秀吉がどうなってもいいの?と濃姫に脅され、やむなく濃姫の味方になってました。
怖っ!!1

濃姫の問い掛けに、徐々に本音を出してくるお市。
しまいには、「濃姫の化粧の下を知らないの?」と、怖ろしいことまで言ってくる始末。


お市を撃破すると、今度はギン千代・稲姫がまでもが参戦。
ちなみに、稲ちんを撃破すると、

「濃姫様、素敵です」

と褒めてくれました。

最終的には蘭丸まで登場。

蘭丸:「こんな戦、本意じゃないのに」

と言いながら去っていく彼が哀れでした。


最終的に天下一の美女の称号を手に入れた濃姫。

「天下一の美女は、この私よ」

「皆、私にひれ伏しなさい」



さすが濃姫!



*お市外伝

自分が天下一の美女だという運命なのに、わざわざけんかを売ってくる濃姫に困るお市。


お前もどっかおかしい。


お市:「お義姉さまの僕を倒して、事態を収拾しましょう」



信長の部下=濃姫の僕!!



そして旦那はもっとうざいおかしかったです。

長政:「市の美しさを認めぬ、不義の輩を討つ」

と言いながら、敵に挟まれお市に助けられるヘタレぶりを見せ付けてきました。


ここでも相変わらずやって来る、ギン千代・稲姫・蘭丸・・・など。

稲ちん:「お市様・・・可愛い・・・」


稲ちんの将来が心配です。


そして蘭丸を倒し、ようやく天下一の美女に・・・・・・
と思ったら、また来る濃姫!

お市:「お義姉様・・・何という執念・・・!」

お市様、代弁感謝いたします。

総評すると、賤ヶ岳の変は濃姫の為に存在するんだなー、というコメントになりました。

ちなみに、お市が天下一の美女になると、

長政:「市、愛してる!」

信長様は何も言ってくれなかったぞ!>濃姫編
相変わらずの馬鹿夫婦であった。


スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。