黒騎士ゴーラ

ただいま!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
戦国無双2 第12討


ココ最近、遊び過ぎてブログにまで手が回りませんでしたが、やっとこさ更新できそうです。
後1週間で社会人だけどな

本多の愛娘・稲ちん、君に決めた!
完全ネタバレなので、まだ楽しんでないよ~という方はご注意下さい。 (コピペ)





さて。
まだ出てない人とかもいるけど、秀吉と長政は後に残しとくから、消去法で稲ちんからするか!(最低)


*稲姫の章

1.小田原城攻略戦(東側)
2.村落救出戦
3.杭瀬川の戦い
4.関ヶ原の戦い
5.大坂の陣
外伝.沼田城防衛戦


村落救出戦やるとスキルが少なくなるからもういい。(本音)
てか東軍はかぶりまくり過ぎて内容が偏っているので、もうちっと色々ステージを増やして欲しかった。
(例:神君伊賀越え)


*OP

使いまわしの上、稲姫いない・・・・・・
てか、稲姫が出てくるムービー、EDだけなんですけど・・・!
(しかも短い)
東軍、力入れなさ杉!
もっとまじめにムービーを作れ!!


*本編

毎度の如く、小田原城攻めを開始。
取り立てて親父と変わった所は無いが、秀吉に褒められて嬉しそうな顔をする女性をアレースは始めて見ました。
よかったな、秀吉。


村落救出戦・稲姫Verでは、北条の残党が山賊と成り果て、関東を襲撃してました。
落魄れ杉だろ!!
もちろん、風魔も出現・・・しかしメンドイので無視


杭瀬川の戦いでは、憧れの立花様(でも敵)に褒められる稲ちん。
左近の、

「顔はともかく、性格は父親似だな」

は、全国のプレイヤーを代表してのお言葉だと思います。

そんな左近に、関ヶ原にて稲ちんは自分の思いをぶつけます。

「誰もが義のために生きられない」



理論ですら負ける西軍がそこにいた!



どうせなら、兼続に行って欲しかったなー。


*ED

大坂の陣で秀頼を倒し、やっと泰平の世が到来。
崖で語り合う稲ちんと家康。

家康:「我が宝は良き家臣」

無双の家康は、何かホントいい奴だなー・・・と思えます。

で、肝心の稲ちんはと言うと、



海に向かって矢を放ってた・・・・・・



どうせ無双演舞作るんなら、稲ちんよりも阿国のが見たかったな。


*外伝

留守中の夫に代わり、沼田城を守る稲ちん。
あ、一応結婚したんだ!
本編では全くそんな素振り、見せなかったのに。

今回も、超過保護な親父が来るのかなー・・・、と期待してましたが、残念ながら親父は来てくれませんでした。
来ていらんけど

そして相変わらず、策略を褒められる真田父。
次回作辺りに兄貴か親父が出てきそうな希ガス


真田・兄と結婚し、真田になっちゃった稲ちん。

稲ちん:「敵に真田の意地を見せるのです!」

むしろ稲ちんの方が真田より、カッコイイと思いました。
(だってアイツ、友達がいないとヘタレ野郎になっちゃたし・・・もともとヘタレっぽいけど


真田を追い詰めたら、今度は三成が登場!

三成:「欲しいのは城ではない、幸村の力が必要なのだ。」


・・・・・・三成もどこかおかしいようです。


この外伝をやって、やっぱり味方に付くなら東軍だなー、と改めて思ったアレースがそこにいたんだ。


スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。