黒騎士ゴーラ

ただいま!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
御館様!お城巡りですぞ 20060308


2日目は、戦国時代の華・のお城とお城に関わる史跡を巡ってきました。
なので、一応分けてみました。

以下、やっぱり戦国ヲタクの旅。





戦国ヲタクのウハウハ関ヶ原ツアー
~2日目~


この日の朝は、アレースにとって久々の8時過ぎ起き。
何故か安眠することが出来なかったせいで、関ヶ原で激減した体力が回復することは無く、朝からローテンション。

関ヶ原は昨日の内に西軍のみ(+α)回ったが、

「今日は東軍だね!」

と言うものは誰一人おらず、「時間があれば討ち入り」と記された岐阜城(稲葉山城)・崇福寺を巡る旅行となった。


JR岐阜駅からバスで揺られること約15分、




稲葉山城
↑↑御館様、あれが道三殿のお城で御座いますね!




ちょっと白っぽくて分かり難いと思いますが、中央でちょこっと出っ張ってるのが例の稲葉山城。

上から見ても、下から見ても、

「高ぇ所にあるなぁ・・・・・・」

と言った感じです。




信長邸跡地
↑↑何だよ、信長城に住んでたんじゃないのかよ~




ルイス・フロイス(だったと思う)曰く、

「信長の家スゲー!金閣寺より派手豪華だぜ!!」(現代語風)

とのこと。
う~ん、スゴク見たかった。


後、写真残してませんが、板垣退助が死んだのもここいらだそうな。
でもあいつ、昔自分より身分低い坂本竜馬をいじめてたらしいな。(あわめ談)
自由、自由いってたくせに、悪い子だね!


そしていよいよ、稲葉山城に討ち入りに!
尚、アレースは無双効果で、岐阜城は稲葉山城呼ばわりなんで。

ともかく、皆の者、此度の戦、必ず勝つぞー!!
これに乗って。




ロープウェイ
↑↑文明とは素晴しいですね、御館様!




麓から約3分。
そのような場所に城を建てても無駄なことだのぉ!

まぁ、ロープウェイで上がっても、常に階段と坂道で苦しかったんですけどね。
そして案の定、「巧妙が辻」を意識したのぼりを多数発見!(写真無し)




本丸
↑↑中は大阪城より小規模な資料館ですぞ、御館様!




兜や刀(しかしほぼ江戸時代産のものばかり)・絵画なんかが飾ってありました。
そして鎖鎌を見つけた途端、半蔵の話を切り出すアレース。
うざい




本丸からの風景
↑↑山城なだけあって風景は素晴しいですな、御館様!




山上には城だけでなく、リス園があったので、ついでにリスに餌をやりにいってました。
リス可愛いよね、リス。




リス♪
↑↑御館様、このリス何故か縞模様がありませぬが・・・・・・




リスはリスでも台湾リス。
日本のリスとは訳が違うのだよorz


お次は崇福寺。
その昔、西軍側についた織田信長の孫・三法師秀信が、関ヶ原合戦前夜、東軍の攻撃を受け稲葉山城が落城した際、城で討ち死にした将兵達を弔う為に稲葉山城の床を天井に張ったとされている寺だそうな。

アレース的には、稲葉一鉄が寄贈したと伝えられる鐘の方に心をときめかしておりましたが。




崇福寺
↑↑以外と小さなお寺ですな、御館様!




稲葉一鉄寄贈の鐘
↑↑これが稲葉氏が寄贈したらしい鐘ですな、御館様!




でも実際に血天井を見ると、生々しい戦争の爪後が垣間見られて、それはそれで中々勉強になったような、貴重なものを見たような気分になりました。




血天井
↑↑染みっぽいのが例の・・・でございますか、御館様。




崇福寺が小さかったおかげで、少し時間に余裕が出来たので、ついでに犬山城にも足を運びました。

犬山城は一昨年まで、唯一城主がいた城だとの事。
すげぇや!!

中はそんなに広くありませんが、古い建物だったので本当に日本の城らしい城で、アレース的には満足なお城でした(^-^)




犬山城
↑↑本丸しかないのですな、御館様!




本丸にて
↑↑稲葉山城ほどではないですが、やっぱりいい眺めですな、御館様!




しかし、ココの屋上のフェンス、すごく低くて怖かったんですけど・・・・・・
*参考:腰からヒップ辺りの高さ(身長162センチの場合)
寸胴だったら知らんけど




本丸屋上廊下
↑↑外はちょっと怖いです、御館様・・・・・・





大杉様
↑↑この木は大杉様というらしいですぞ、御館様!




この大杉様、犬山城が出来た頃からいらしたらしく、台風の日は風除け、雷の日は避雷針にもなったそうな。
守り神的な役割の大木だったらしい。
でも、もう枯れちゃったそうです・・・・・・


この日は昼ご飯に、名古屋ご当地のきし麺を食べましたが、帰る時にはすでにお腹が空だったので、駅弁を食べながら帰宅。

身体はくたくたでしたが、とても充実した旅路を送れて満足でした(^-^)
今度は皆で姫路城に行こうよー!!


スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。