黒騎士ゴーラ

ただいま!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
戦国ヲタクのウハウハ関ヶ原ツアー 20060307




旅のしおり
↑↑何故か家族には評判が良かったしおり




関ヶ原から敗走後、暇ではあったが原因不明の肩凝りによってパソコンを弄る気になれませんでした。

どうでもいいけど、しおりのあおり、
「武者にむしゃぶりつきたいなら関ヶ原!」
が、地味に親父ギャグであったこと、今更気付いた。
ほんと、どうでもいいですよ


以下、戦国時代の浪漫起稿(嘘)






この日は朝の9時から、あわめと大阪駅に集合。
前日の就寝時間が午前5時過ぎなアレースには、ちょっときつかった。
早く寝とけ

関ヶ原までは特急に乗ることなく、快適な安値上がりの電車旅。
揺られること、約2時間。




JR関ヶ原駅にて
↑↑着いたぜ!



合戦地の看板以外、何も無いこの駅。
田舎をよく物語っています。




関ヶ原マップ
↑↑始めてみた感想は「狭そう」




駅構内にて
↑↑記念に思わず一枚




関ヶ原ツアー専用立て札
↑↑ちゃんと名所にいくための立て札が!



ウハウハしながら、とりあえず移動手段が徒歩だとなー・・・ということで、を借りる為、まずは歴史民俗資料館に行くことに。

途中、東首塚と井伊直政・松平忠吉の陣があったので寄ってみる。




東首塚
↑↑井伊直政その他の陣跡




確か近所に東首塚跡がある大木と、首を洗ったとされる井戸があったんですが、何故か写真が見つかりませんでした
あれ?取り忘れ・・・orz


そして歴史民俗資料館にて、関ヶ原の合戦について学ぶアレース。
実はあまり関ヶ原には詳しく無かったので、非常に興味深い内容の資料館でした。

1年程前、司馬遼太郎の『関ヶ原』文庫版を読もうと思い、学校の図書館で上巻を借りて読んだのですが、残りが何故か図書館に置いてないので未だに読めていません。
いっそ買おうかな・・・と思う、今日この頃。

ちなみに、関ヶ原に来て1番格好良いと思った武将は島津一族でした。
豊久の散り様に、漢を感じた・・・・・・!




東軍編
↑↑東西両軍の旗印




西軍編
↑↑共に歴史民俗資料館にて




この資料館、無双の三成を思わせる面白いものが飾ってありました。




歴史資料館にて
↑↑石田三成の兜




あぁ、三成は・・・・・・



何だかチョット嬉しかったのは、ココだけの話。
アレースの中で、これから三成はズラ野朗です(死んでまえ)


資料館で500円でを借り、あわめと2人、関ヶ原を爆走!
しかし関ヶ原は坂道なので、異常なまでに体力を消耗しますたorz

そして思った以上に広い・・・・・・




決戦地
↑↑ここら辺で両軍が激突したそうです




三成の陣跡は、資料館のおばちゃんがすごく勧めていたので非常に気になってましたが、アレース達が行った陣跡の中では1番大きく残されていました。

ちゃんと丘の上に残っているのがナイス!




三成陣地跡
↑↑1番豪勢だった




三成陣地跡にて
↑↑そして眺めも良し!




その後、次々と西軍の陣跡を訪れるアレース一行。
あわめは西軍派で、大谷吉継と小西行長が大好きらしく、ずっと大谷吉継ネタで騒いでいた気がします。

アレースは小西行長は知ってましたが、大谷吉継は無双でよく斬ってたなー・・・程度の存在でしたが、この旅の最大の収穫は、彼をよく知ることが出来たことでしょう。




島津義弘陣地跡
↑↑鹿児島の人がわざわざ作りに来たらしい・・・さすがは島津




開戦地跡
↑↑開戦の火蓋はココで切られたのか・・・




小西行長陣地跡
↑↑「コニタン!コニタン!」byあわめ




宇喜多秀家陣地跡
↑↑東軍の時、よく斬らせて頂きました




大谷吉継陣地跡
↑↑あわめが1番元気だった




しかし、大谷吉継の陣跡はかなりの奥地だった故、アレース一向は体力を大幅消耗。
しかもこの日、何故か昼飯にありつけなかった
と言うのも、昼飯>史跡巡り・・・と脳内が変換されていたが故。
それも詮無きこと・・・


そんなアレース一行だったが、あわめが先輩に必ず行け!と言われた「関ヶ原ウォーランド」に行く為、最後の力を振り絞って坂道を駆け上がっていった。
とりあえず、この時太ももがものすごく痛かったことはよく覚えてる。

「関ヶ原ウォーランド」に着いたのは、午後4時ぐらい。
閉館まで後30分だったので、間に合ってホッとしてました。
しかし、700円支払って中に入ると、想像を絶する世界がアレース一行を待ってました。



関ヶ原ウォーランドにて③
↑↑お出迎えの龍




何で龍やねん!
とか言う以前に、龍の出来栄えの悪さの方に目が入ってしまいます。

そして関ヶ原を再現したとされる園内。
確かに関ヶ原は見事に再現されています、が、問題は人形の出来栄え




関ヶ原ウォーランドにて②
↑↑こんな左近、見たくなかった!




左近の間抜けっぷりに、全米が泣いた。

後、武将同士の取っ組み合いが、リアルなBLに見えて切なかったです。

ちなみに、特別ゲストとして武田信玄も登場。




関ヶ原ウォーランドにて①
↑↑「ノーモア関ヶ原合戦じゃ!」




今回の旅、

おいしいネタは信玄が持ってった!!




そうとしか言いようが無いくらい、衝撃を受けたんだ・・・・・・


アル意味700円の価値を見出せた「関ヶ原ウォーランド」から帰った後、を資料館に帰し、家康の最後の陣に。




徳川家康・最後の陣地跡
↑↑家康は2つも陣跡がある




ついでに記念撮影をしてきたので、1枚。




記念撮影
↑↑右があわめ・正面がアレース




影かよ!というツッコミはさておき、せっかくなので徳川家康がテーブルと椅子代わりに使ったという伝説がある石を見るべく、家康最初の陣へ。

徒歩なので、移動するのに時間が掛りきつかった。




徳川家康・最初の陣地跡①
↑↑中仙道沿いにあった




徳川家康・最初の陣地跡②
↑↑疲れた・・・だが、満足だ




徳川家康・最初の陣地跡③
↑↑例の伝説の石




秋風漂う五丈原・・・的な雰囲気の中、疲れ果てて兵糧を貪るアレース一向。
それも一興。しかし今は3月


最後に本多忠勝の陣跡も見ていこう!
と残りの力を振り絞り、忠勝の陣地を探す・・・が見つからない。

何故だ!
困惑するアレース一行だったが、ふとした拍子に立て看板を発見。




本多忠勝陣地跡・立て札
↑↑あまりにアレだったので記念




本多に弄ばれた!

うっかり見落とした!



忠勝は、民家の裏手に居たんだ。
地味すぎて、分かりにくかったんだ。




本多忠勝陣地跡
↑↑すでに暗くなってる・・・




忠勝を拝んだ後、タクシー代が浮いてウハウハ状態だったので、

「美味いもん、食べるぞー!!」

と意気込むバカ2人。


朝以降、食料がお菓子とお茶の極限状態のため、食べ物を求めさ迷い歩いていたが、宿泊先の近所には居酒屋しかなかった・・・・・・



晩御飯が魚民・・・・・・

飲み物がウーロン茶なのも詮無きこと




つづく


スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。