黒騎士ゴーラ

ただいま!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
戦国無双2 第9討


何とか更新する気が起きました。
良かった、本当に良かった・・・・・・


忍びと言えば、ハットリ。
それくらい、大好きです。

てなことで、半蔵の章です(^-^)

完全ネタバレなので、まだ楽しんでないよ~という方はご注意下さい。
(コピペ)




1.サルの関白
2.ハットリ君
3.独眼竜
次点.プレスリー・毘沙門天

*戦国無双1(+猛将伝)・武将ベストランキング
(アレース独断)


今回、上記の無双モードは非常に楽しみにしていたんですが、風魔を見た後は半蔵をしなければならないだろう!という訳の分からない理論から、妹の風魔クリア後に即半蔵を開始しますた。


*服部半蔵の章

1.姉川の戦い
2.三方ヶ原の戦い
3.長篠の戦い
4.小牧長久手の戦い
5.大坂城攻略戦
外伝.上田城攻略戦


基本は風魔+家康。
あー、半蔵は手を抜かれているなー・・・orz
と感じる部分が多かったので切なかったです。
だって風魔のかませ犬だし


*OP

家康殿と同じ・・・これは分かる。


ならモブではなく半蔵を出せ!!



心の中で大声で叫びました(涙)


*本編

忍者ハットリ君は、有名な伊賀出身の忍び。
今日も今日とて狸と名高い徳川家康の忠犬として、立派に働いておりました。


ハットリ君の無双2デビューは、姉川の戦い。
戦場においてもバカップル振りを発揮する浅井夫婦と、無駄に偉そうなモブ一族の朝倉勢との戦でした。

将来、江戸幕府を開くことで有名な徳川家康も、この時はまだまだ織田信長のパシリ程度の力しかありません。
大切な主の為、ハットリ君は朝倉勢をバッサバッサとなぎ払うのですが、その雀の涙ほどの戦闘力はプレイヤーを奈落の底へと突き落とすほどの威力を備えていたのです

「影、無敵なり・・・」

100人斬りのこの台詞が、プレイヤーに切ない気持ちを思い出させてくれました。

しかし、プレイヤーはハットリ君の鎖回しが大好きだったので、コー○ーに何だかんだいいながらも、渋々ハットリ君の任務に付き合うことにしました。


バカップルを見事に退け、次なる任務は三方ヶ原で死に掛けている主を救うこと。
ここでハットリ君は、ダテマキとは比べ物にならないくらいの強力なライバルと出会うことになります。

強力なライバルは、混沌から生まれでた魔・・・と、意味不明の自己紹介をし、主の犬に成り下がったハットリ君をバカにしてきましたが、ハットリ君は主の犬よばわりが最高の褒め言葉だというマゾ忍変わった忍者だったので、無問題でした。


続く長篠の戦いも簡単に終わらせ、主の天下に大きく貢献するハットリ君。
小牧長久手の戦いでは、信長の天下を狙う邪魔なサルを狙い打ちますが、

「猿は忍びより素早い」

ので、寸での所で逃げられてしまいました。


こうなったら、サルを闇討ちにしよう・・・・・・
とハットリ君は息巻くのですが、大切な主は何時の間にか強力なライバルの下僕になってました

仕方が無いので、強力なライバルの上司・北条と共にサルの関白を討つことに。
出丸を守っていたのは、エルビス・プレスリーにそっくりな女たらしでしたが、

「忍びって暗くて好きになれねぇな」

といきなりの挑発をかましてきました。
ハットリ君は心を持たない忍びの筈ですが、

「・・・滅」

ちょっとムカついていたようです。
もちろん、ムカつく野郎は鎖鎌のサビに。


本丸前を守っていたズラ野郎も、

「志無き者に天下は渡さん」

と、まるで自分が志は何たるものかを知ったかぶっていたので、

「影に心、無用」

鎖鎌のサビにしておきました。


ちなみに、強力なライバルとは「どちらが先にサルを始末できるか」競争していましたが、

「いいぞ半蔵、家康の犬よ、吼えよ、走れ、走り回れ」

後半、ちょっと苦しくなっているなー、と思いつつも、いい加減、ウザイ存在でしかなくなってきたので、鎖鎌のサビにしました。


天守最上階には、サルの関白が三節坤もどきの武器を持って待ち構えていました。

「乱波ごときが天下を狙う、その心は」

と問うて来たので、ハットリ君は即答、

「主の天下」

サルの関白は地味に強かったですが、やっぱり鎖鎌のサビにしておきました。


*ED

前回は日の本一の兵との一騎打ちでしたが、今回はサルの関白との一騎打ち。
何にせよ闇討ちかよ
ハットリ君は、忍びらしく見事、主の敵を討ち取りました。

こうして後半は鎖鎌のサビくらいしか思いつかなくなってましたが、ハットリ君はサルの関白を倒し、また一つ、主の天下の為に貢献することができたのです。

めでたし、めでたし・・・・・・

























半蔵は忠犬ですが、どうみてもマゾです。

本当にありがとうございました。




小太郎と差別化があるのは致し方ないと思うんだ・・・・・・
でも、半蔵の忠臣ぶりは、いくら戦国の世と言えども尋常ではないと思うんだ・・・・・・


次回作では、半蔵が小太郎の良きライバルぐらいには昇格していただけないでしょうか?
(無・理)


*外伝

ハットリ君は主の命令で、真田親子が守る城・上田城を攻めることになりました。
敵方の武将・直江兼続のいらん解説が響く中、ハットリ君は上田城を攻め続けましたが、水攻めにより味方武将は次々と敗戦、次々と湧いて出る敵武将たちに何度も視線を彷徨いかけました。

そんな中、圧倒的戦力を誇る真田幸村はもちろんのこと、何故か2体同時に襲い掛かる風魔小太郎



風魔が4体いるのは知ってる

でも、何で2体同時に来るの!?




ハットリ君は思った。
「俺、絶対嫌われてるんだ・・・・・・」
と。


半蔵の外伝は、Mには最高のステージだと思うんだ・・・・・・


スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。