黒騎士ゴーラ

ただいま!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
戦国無双2 第5討


戦国武将としてはあまり人気のなさげな徳川家康の章です。
でもアレース、そんなに嫌いじゃないんだよなぁ。
好きでもないけど

完全ネタバレなので、まだ楽しんでないよ~という方はご注意下さい。
(コピペ)







「義」、「ギ」、「ぎ」うるせぇんだよ!!



「義」兄弟にも飽きたので、どう見ても「義」とは無縁の男・家康をプレイすることにしました。
最初にやっとかないとやる気が失せそうだったのもあるけど

家康は足が遅そうだったので、よろづ屋で軍馬・三国黒(5000両)を購入しました。
やっぱ馬はイイ!


*徳川家康の章
1.姉川の戦い
2.三方ヶ原の戦い
3.小牧長久手の戦い
4.小田原城攻略戦(東側)
5.関ヶ原の戦い
6.大坂の陣
外伝.上杉征伐

今回は関ヶ原がメインだという大義名分の下、家康の章は6章もありました。
おかげでクリアするのしんどかった。ムカつく


*OP

盟友・織田信長が浅井・朝倉連合軍を攻めるということで、家康も参戦。
しかし明らかに自分達より兵の多い織田は浅井に、徳川軍は浅井の3倍の兵がいる朝倉軍と対峙することとなり、配下のモブ武将が「俺ら踏み台かよ」(要約)とブツブツ文句を言ってました。
そんな奴出すなら半蔵を出せ。

まぁここは耐える時だとなぐさめる家康ですが、忠臣・本多忠勝、

「耐えた先には何が見えますか?」(要約)

しかし家康には未来は見えなかった!(ドラクエ風に)
まだ見えぬ未来に徳川家康は動き出すのでありました。


*本編

まずは耐えろ、話はそれからだ!

というぐらい、下積み時代を耐えぬく徳川家康。
でも家康、使いやすさはともかく武将の中ではかなり強いほうだとお見受けするので、おそらく下積みしなくても天下も余裕で狙えます。

今回アレースが1番ショックだったのは、「小牧長久手」のBGMがなくなってしまったことでした。
あそこの音楽が1番好きだったんだ・・・・・・!

ちなみに「戦国無双2」で1番好きなBGMは今の所「手取川」です。


小田原城の戦いでは、秀吉に首切られそうになって慌ててひれ伏した政宗がいましたが、次の天下は徳川殿のものとお見受けする!とさっそく媚売り。
かなりの小物と化してしまいました。


徳川の章は話が多いくせに特筆すべきことがあまり無くて困るんですが、私のメモの記憶によると真田がウザイ存在であった、と記されておりました。
確かにウザかった。

そして幕府を開いたのに、「家康が気に食わん!」と豊臣の残党に襲われる家康。
哀れだ・・・・・・

後孫市さんに一言、


本当に秀吉より長生きするんデスカ!?


どう見ても秀吉より早死にしそうなのに大坂の陣に出現しているのか、これが分からない。


*ED

何だかんだでようやく天下を一つにした家康。
家康の予想ではこの天下は約200年持つそうな・・・・・・

後の天下は未来のものに、とのこと。
各々頑張るように(オマエモナ)


でも今回、家康が1番まともに見えました。
(秀吉も気になるんだけど。)
「義」とかほざく連中よりかは民と兵のことをよく考えてますし、何より地味に野心のあるところがよかったです(^-^)
やっぱ野心は大事だなぁ。


*外伝

相変わらず「義」をほざく直江を征伐しに行く事になりますが、

直江:「貴様を倒し、私と三成は義の世を築くのだ!」

せめてそこに幸村と慶次を入れてやって!

しかし直江軍自体は弱いんですが、勝利条件が「味方武将を死なすな」だったので、敗北してしまいますたorz



スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。