黒騎士ゴーラ

ただいま!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
戦国無双2 第4討


メモ取りながらゲームするのは結構大変ですな。
こないだ母にメモを見られてしまいました。
恥ずかしい・・・・・・

母:「あんた、レポート書くの大好きやね。」

アレース:「いや、ブログに感想書いてんねん・・・(白状)」

母:「ブログに?何かオモロイな。」


恥ずかしい・・・・・・


では、「けんつぐ」と入力して「かねつぐ」と読む、直江兼続です。
(もはや単語登録ですらめんどい)

完全ネタバレなので、まだ楽しんでないよ~という方はご注意下さい。
(コピペ)






真田・お市と終わらせたし、そろそろ新キャラをプレイしよう!
と思ったので、三成・家康・直江の3択(この頃は風魔は論外だった)に絞ったが、三成はお楽しみにしよう!ということで、直江→徳川の順となる。
家康は狸親父だから何かやる気が薄かったんだ・・・・・・


*直江兼続の章

1.川中島の戦い
2.手取川の戦い
3.小田原城攻略戦(西側)
4.長谷堂の戦い
5.江戸城攻略戦
外伝.上杉討伐


前半は上杉謙信編、後半は「義」三兄弟編てな感じでした。
でも直江さんは上杉時代からすでにおかしかったです。


*OP

川中島決戦直前、見たいな感じです。
今回は非常にムービーの使い回しが多くてアレなんですが、このOPもこの後2回は見るんだろうなぁーと思いながら眺めてました。

そして謙信、相変わらず酒ばっか飲んでる・・・・・・。


*本編

川中島の戦いは、いつも通りに始まりました。

「来い・・・宿敵」

謙信さんは相変わらず宿敵がお好きな様で何よりです。
そして部下にはこの指示。

「兼続、心で動くのだ」

あぁ、そうですか。
当の部下は部下で、

「義と愛が戦う力をくれるのだ」(100人斬り時)

謙信さんの教えを必要以上に受け止めてると思うんですけど・・・・・・
まぁ、いいや。(よくない)


さて、今回の川中島は無双の中ではイマイチ地味な戦場ですが、ネタにおいては宝物庫と化しております。

・両者の激しい策略に対して

直江:「すごい、互いが互いを知り尽くしている戦略」

・上杉軍VS武田軍 第4回戦において両者の感想

信玄:「そろそろ飽きてこぬか」

謙信:「ありえぬな」


川中島は両者の遊び場みたいなものだとアレースは勝手に思っていましたが、あながち間違ってもないなぁ・・・と思いました。

戦いはもちろん上杉が勝利。
しかし、まだ遊び足りない謙信さんは信玄に止めを刺すことなく帰ってしまいましたとさ


手取川の戦いでは、「義」のため信長を倒しに行く上杉軍。
予想通り、謙信さんも「義」の人間でした(マル)

この手取川、「猛将伝」デビュー候補の柴田勝家がアル意味ステキに活躍する戦場で、アレースも血湧いておりましたが戦の相手はやっぱり信玄が1番!(by謙信)で終わってしまいました。
その後どっちも病気で急死したけど


謙信亡き後は、謙信と信玄の関係に憧れてか「義」三兄弟に加わる直江。
しかし実際の所、直江も幸村も三成のことしか考えてなさげにしか見えないんですけど
この時点で長兄は三成だな。

ちなみにこの戦場、三兄弟のどれかでプレイして兄弟の誰かと合流すると、直江と幸村が「義」のため戦うぞー!とか言いながら敵に突撃していく有様を「恥ずかしい奴らめ」と見ている感じの三成の会話(イベントではない)が聞けますが、今回幸村が早々に敗退したため、幸村の台詞はカットされておりました


秀吉死亡後、豊臣の世を守る三成のために頑張る直江ですが三成は関ヶ原で敗れてあっさり処刑
逝くの早すぎ!

それでも「義」のため、愛する上杉の兵を伊達から守ったり、たまたま側にいた慶次を巻き込んだりとかなり勝手な男です。
てか、どうみても戦場に直江が上杉軍を勝手に巻き込んだようにしか見えないのが不思議。

それにこの人、三成の心配はしても幸村の心配をしている所を一度も見たこと無いんですけど・・・・・・
やっぱり幸村のことはどうでもいいようです。


最後は友の仇を討つべく、幸村と江戸城に。
すでに幕府が開かれた世なのに、三成のことしか考えていません。
そんなに三成が大事か?


*ED

徳川軍を倒し、ついに天下を得た直江と痛い仲間達。
これからは三成の思い出を胸に、三成の思いを皆に伝え、「義」を愛する心を皆に植え付けていくべく奮闘するそうです。
そんな世の中、嫌だ・・・!


ついでに、今までの直江の台詞(うろ覚え)

「この世に不義は栄えない」

「愛する上杉の諸君!」

「義に勝利を!勝利を!」



何だか変な市民団体みたいだ・・・・・・



まぁ、思想があることは立派だとは思いますけど。
「義」のためなら世の中が平和になっても軍を起すような奴に、「義」もへったくれもあるか!と言ってやりたいね。

という訳で、アレースは直江思想反対派だったりします。
(直江使いやすいから嫌いじゃないけど)


*外伝

外伝は川中島で家康を倒しに行きます。
ここでも「直江節」が大炸裂!

「天下には貴様の思い通りにならぬこともあると知れ!」

「父なる謙信公よ、ご照覧あれ!」

「三成のため、天下のため、この勝負、負けられぬ。」

「三成・・・我らで義の世を築くのだ!」


アレースは、
生まれて初めて幸村を可哀想だと思いました(マル)




スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。