黒騎士ゴーラ

ただいま!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
ロマサガ・ミンスト日記15曲目


騎士団から見事に火のディスティニーストーンを入手したキャプテンホーク。
残りのディスティニーストーンを入手するべく、ジャングルの洞窟にあるといわれる海賊キャプテンシルバーの財宝を漁りに行くことにしました。

旅慣れたキャプテンホーク一行はあっさりと洞窟に入ることに成功し、トラップに気をつけながら最深部にやってきました。
すると、そこには何故かドラゴンがディスティニーストーンの番人をしていました。

キャプテンホークは何度かリセットを繰り返しつつも、シルバードラゴンを撃破することに成功しました。
撃破されたシルバードラゴンは、ディスティニーストーンからの開放に喜びながら幼女に変身しました


(この人、エロールに騙されてたんだな)


キャプテンホークは幼女に同情し、自分のパーティーに迎え入れることにしましたが、幼女の物言いに大人ながら憤慨しておりました


そして騎士団イベントがまだ残っていることを忘れていたキャプテンホーク。

「しめしめ、これでまた何かもらえるで~。」


騎士団=金品強奪場所

@キャプテンホークの脳内図式



もちろん全然使えないラファエルから聖騎士の盾をパクッた後は即解雇→竜騎士を見殺し。
大抵のプレイヤーもそうしていると信じ込んでいるので、罪悪感すら湧かないキャプテンホークでした。


そうこうしている内に何時の間にやら物語も後編に入っていたので、キャプテンホークはとりあえず近くのバーに立ち寄りました。


詩人:「サルーインの復活が間近に迫っています。」


心の中では

「ふーん、それで。」

と呟いていたキャプテンホークでしたが、いい加減この物語を終らせるべく同じ話を3回詩人から聞いて回りました。

詩人曰く、
サルーインを倒すには特別な用意が必要なんだってさ~。
使えるか分かんないけどこんな話があるよ(^-^)
まぁ聞いてってね(゚v´)彡☆


キャプテンホークは正直「うざい」と思いましたが、いい加減(ry
仕方なくエロールの試練を受けるため、ガレサステップにある太陽の祠に行くことにしました。


通称『最終試練』と呼ばれる不思議な空間では、何匹もの怖ろしい魔物がいましたが、「グレンデル」相手にものすごい苦戦を強いられたキャプテンホークはイライラのあまり思わず3代目のコントローラーを投げつけかけそうになるなど、大変なことになっておりました。

まぁそれ以外の敵は何とかなったので、キャプテンホークも落ち着きを取り戻し、ようやく最上部へ辿り着きました。
そしてパーティーから外したのに何故か居る詩人。



何と!

詩人はエロールだったのです!!



キャプテンホーク:「イヤー、ビックリした」(棒読み)


人間の運命は人間に決めさせるべきだ!などと訳の分からない理屈で高みの見物を決め込んでいる詩人もといエロールに、キャプテンホークは一発咬ましてやりたい所でしたが、いいか(ry
エロールからサルーインの居場所を教えてもらいました。

エロール:「私は君達を見守っているよ」(うろ覚え)

どう見ても建前です。
本当にありがとうございました。



詩人と別れたキャプテンホーク。

「さて、次は巨人に会いに行かんとな。」

4週目ともなると旅慣れていくものです。


*現在のキャプテンホークの仲間達
ホーク・ゲラニハ・ジャミル・シルバー・ダーク


つづく





本当は結構進んでいるんですが、やる気が出ない疲れたので一区切りします。
佳境なんだけど中々終らねぇorz



スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。