黒騎士ゴーラ

ただいま!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
ロマサガ・ミンスト日記 3曲目


イカを倒したホーク一行は、とりあえずメルビル・ハローワークへ行きました。

「ここはメルビルハローワーク警備隊の事務所だ。
 何の事件も無い。平和だよ。」

平和な世の中に不満を持つ事務員がいるこの国に、キャプテンホークはいささか不安を感じつつ、仕事が無いのを残念に思いました。
仕方が無いので、技でも閃かせようと、スカーブ山を登ることにしました。


都合上、2回登らないと修行を受けることが出来ないので、しぶしぶ2回登ったキャプテンホークは、(一応)四天王の1人、タイニィフェザーに勝負を挑みました。
さすがはタイニィ、技が閃きまくりでキャプテンホークはご機嫌でした

これならヘイトも殺れる!といいな・・・。」

ジャミル・詩人にイド・ブレイク、ゲラ=ハに脳削りを覚えさせたキャプテンホークはとっとと試合を終わらせるべく、防御体制に入りましたが、皆中々死にません
しかも、こんなときにありがた迷惑にもウコム様の恩寵がやってきて、キャプテンホークはかなりヒヤヒヤしました。


なんとかタイニィフェザーに負けることが出来たキャプテンホーク一行は、蝶がウザくて困っている夫婦の依頼を受け、見事にジュエルと1000金の報酬を頂きましたが、せっかく親父の遺体まで発見したのに、この報酬の少なさは何なんだ!と心の中で叫びました。


その後、エロール神殿で皇帝陛下が病に犯された事を聞きつけたキャプテンホーク一行。

しめしめ、皇帝なら報酬はたんまりだぜ。」

キャプテンホークは迷いの森へと赴き、まだ生きてるオウルを横目に、エリスに会いに行きました。

「エロールの子よ、二つの月の神殿には厳しい試練が待ち受け     ています。
 それでも行くのですか?」

キャプテンホークは二つの月の神殿が大嫌いな上に、頼みの綱のジャミルはHP139・腕力7・体力6と、孤児らしくヒョロ男虚弱体質なのでかなり不安に駆られました。しかしここで挫けると、後々ちょっと困る展開になるのを知っているので、行かざるを得ません。

「も、もちろん。覚悟はできてるぜ。」


こうして、キャプテンホーク一行は、ジャングルへ行くことになりました。

「大丈夫だ!イドがあるし・・・。」

二つの月の前には、ミニオン・ヘイトが待ち受けていました。

「(覚悟を決めて)いくぜぇ!!」



4回目にしてやっと勝てました。


途中、大声で何度も暴言を吐き続けていたキャプテンホークでしたが、周りに誰もいなかったのは、幸いな事でしょう。
キャプテンホークは思いました。

「何でウコム来えへんねん!!」

続く






久々にミンストをしたんで更新更新!
しかし、二つの月の神殿前のヘイトはうざい。orz

スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。