黒騎士ゴーラ

ただいま!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
ロマサガ・ミンスト日記12曲目



どうしようウェイ=クビンに勝てない・・・


敗戦を重ねてばかりいるキャプテンホークは、今までの輝かしいフリーター経歴からの優越感はすでに無く、ウェイ=クビンが倒せないせいでストレスばかりが溜まっていきました。


そんな日頃の鬱憤を晴らすべく、今までやったことの無い仕事をやろうと南エスタミルの地下道に潜り込み、いつかの奴隷商人に付き合って一度訪れたことのあるカタコームにやってきました。

サンゴ海の海賊が今は墓荒らしか・・・

そう言いつつも、キャプテンホークの右手には聖杯がしっかりと握り締められていました



それを7回リセットした後に言うなよ



そろそろ他のパーティーに移ったほうがいいかな・・・
仲間たちは、自分達のリーダーに疑念を持ち始めていました。


さて、無事聖杯を手に入れたキャプテンホーク一行は、フロンティアに潜むヴァンパイアを退治しに行きました。

道中キャプテンホークは

「フロンティアとかいう地名の割にはそんな古臭い伝説が存在するとは、これが分からない。」

流行りのギャグを連発しては仲間の顰蹙を買っていました

そうこうしている内に、キャプテンホーク一向は意外と簡単にヴァンパイアに会うことができました。

わが僕となる者が、またやって来たようだね。」




ヴァンパイア、雌だったんだ!!



新たな事実に驚きまくりのキャプテンホーク一行に、ヴァンパイアはさらに会話を続けます。

お前のごとき人間は、足元にも及ばぬ存在よ。」



その人間に敗れたの誰だよ


お決まりのツッコミも上手くいったので、キャプテンホークはとっととヴァンパイアを退治することにしました。

こっちには聖杯があるんだ、負けやしねぇ!!






ヴァンパイア、3ターンで死んだ



あまりにあっけなく死んだので、キャプテンホーク一向の間に少々しらけムードが漂いました

戦利品はイシナスの髪飾りだけか・・・。」

金とジュエルが手に入らなかったので、キャプテンホークはやや不満を残したまま洞窟を後にし、次の仕事を探しました。


たまたま立ち寄った、サオキというしょぼい村の住民が魔物の被害に困っているようだったので、キャプテンホークは人の弱みに付け込んで魔物退治に向かいました。

サオキの住民を困らせていたのは、3匹の子豚ではなく一角蝶でした。


ゲッコ族は虫が生理的に好きです


この一言により、勝敗は決まったも同然でした。
雑魚同然の一角蝶を瞬殺したキャプテンホークは、1000金+370ジュエルも手に入りウハウハウハンジでした。

これやからやめられまへんなぁ。」

あまりに意地汚いキャプテンホークは、海賊としては一人前でしたが、人間としては最低レベルであったのです。


つづく






あー眠い・・・。
まだ少しあるのですが、続きはまた明日で。
すみませぬ。


スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。